近畿大學大學院

SDGs 実現に向けた取り組み

近畿大學大學院の教育?研究?社會貢獻を通じた持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢獻

SDGsのロゴ

2015年9月末に開催された「國連持続可能な開発サミット」において、國連加盟國が持続可能な社會の実現に向けて2016から2030年の15年間の人間、地球及び繁栄のための行動計畫(2030アジェンダ)として達成すべき17のSDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)が採択されました。この持続可能な開発の定義は、將來の世代がそのニーズを充足する能力を損なわずに、現世代のニーズを充足する開発であり、その達成のためには、3つの主要素(経済成長?社會的包摂?環境保護)を調和させることが必要であるとされています。現在、各國の政府関係機関?地方公共団體?企業?大學?市民団體などで、各目標の達成に向けた取組みが検討され、実施されています。
近畿大學大學院は、建學の精神「実學教育と人格の陶冶」のもとで、高度な専門的知識と倫理観を規範に主體的に考えて行動し、新たな知とそれに基づく価値を創造できる「社會の要請に応える実學を具現化できる知のプロフェショナル」の養成機能と研究?社會貢獻の責務を果たしています。近畿大學大學院は、これらの社會的責務の遂行との関わりにおいて、SDGsの達成に向けた積極的な取組みを実施しています。以下に、本大學院11研究科において、SDGs達成に向けて実施している取組みを紹介します。

各研究科におけるSDGs達成に向けた取組み

久久影院-国产久久亚洲美女久久