ロボティクス學科 2019ロボットコンテストを開催

2020.01.24

  • ブログ
  • ロボ

1月14日(火)、ロボティクス學科3年後期の必修科目「ロボット創成実験」で第5回近畿大學工學部ロボティクス學科ロボットコンテストを開催しました。
1チーム6、7人で「機械系」、「電気系」、「ソフト系」の擔當を決め、3年生までに學んできたロボットの設計法?制作技術、センサ技術、プログラミング技術などの知識を統合し、一からロボットを設計?製作してきました。
今年度の競技內容は、制限時間3分以內に、各2枚ずつあるボルト、プーリー、スペーサー、ナットのカードの中から選ばれた部品をスタート地點から指定された枠內まで運ぶというもの。枠內に完全に収まった部品の數、完全ではなくても枠內に収まった部品の數で得點が決まります。コントローラーを使用した手動タイプのロボットでもOKですが、センサで部品を判別したロボットには加點が入ります。

機體の最終調整にも気合が入ります。

002.JPG 001.JPG

最初にくじ引きで競技順序を決め、競技前の機體検査が行われました。今回の機體は幅200㎜以下、奧行200㎜以下、高さ300㎜以下のサイズで製作する必要があります。

004.JPG DSC01320.JPG 

DSC01321.JPG 006.JPG

コンテスト開始です。
全12チーム、3DプリンタやNC切削機で製作したアームで部品を押したり、摑んだり、囲い込んで運んだり、それぞれ個性や工夫が見られました。

P1490003.JPG 014.JPG 

021.JPG 025.JPG 

019.JPG 023.JPG 

DSC01447.JPG P1490031.JPG  
配線の不具合で起動しなかったり、センサが反応しなかったりと、トラブルに見舞われたチームもあり、手に汗握る3分間でしたが、どのチームも大健闘でした。

1月21日(火)、成果報告會ののち、優勝、準優勝、技術賞、デザイン賞などの表彰が行われました。

P1490053.JPG 

優勝したチームの皆さんです。ロボット名はBeetle。部品を押す先端部分をカブトムシの角に見立てています。

DSC01477.JPG 12_ beetle.jpg

勝因は、シンプルで無駄のない設計?製作を行った點だそう。機能的に動かすために必要最低限のデザインを設計し、モーターの固定にネジを工夫して使うなどし、製作時間の短縮にもつなげました。また、チームワークもよく、お互いによくコミュニケーションをとり、協力し合いながら製作を進めることができたようです。

皆、このロボット創成実験の授業が楽しく、ロボティクス學科に入ってよかったと口を揃えていました。
學生と先生との雰囲気もよく、楽しんで學んでいる様子が印象的でした。ロボットに興味がある方は是非、工學部のロボティクス學科へ來てみてください!

久久影院-国产久久亚洲美女久久