05/27(水)

5/27(水)読売新聞 3Dプリンタで制作した醫療用フェイスシールド寄贈について紹介されました

2020.05.27

5/26(火)に近畿大學工學部ロボティクス學科長の黃 健教授とロボティクス學科の教員が3Dプリンタで製作した醫療用フェイスシールド120個を東広島記念病院に寄贈した様子が、読売新聞に掲載されました。
この醫療用フェイスシールドは地域貢獻の目的で、近畿大學工學部同窓會協力の元、卒業生であり有限會社日本プラント設計の代表取締役を務める高下 朋彥さんからデータ提供を受け、近畿大學工學部ロボティクス學科の教員が無償で制作し、東広島記念病院に寄贈したものです。

■5/27(水)読売新聞(朝刊?p25地域面)

DSC_1227.JPG
<贈呈式の様子>
activity01.JPG  activity06.JPG
<ロボティクス學科教員による作業の様子> <3Dプリンタでの制作の様子>

當イベントについての詳細(プレスリリース)はこちらからご覧ください。

久久影院-国产久久亚洲美女久久