國際學部の教育方針

國際學部

アドミッションポリシー(入學者受入れ方針)

國際學部は、近畿大學の建學の精神に則り、グローバル化というかつてないほど大きな社會の転換期を生き抜き、自主性と協調性を持って行動できる「國際教養人」を育成します。このため、次のような入學者を受け入れます。

1.
國際學部で學べる確かな基礎學力を持った人
2.
基礎的な語學力とコミュニケーション能力を持った人
3.
異文化社會や多様な価値観を理解できる柔軟な思考力と創造力を身につけたい人
4.
激動する國際社會に必要な語學力や知識を身につけるために、強い意志を持って學修に取り組める人
5.
國際感覚を身につけ、社會的課題の解決に貢獻したい人

また、高校までの履修科目等によって、以下のような能力を身につけていることが望まれます。

國語

日本語の読解、表現、論理的思考における基礎的な力

地歴?公民

変動する社會に対応できる社會的基礎知識

外國語

文法知識、コミュニケーション、読解力および作文における基礎的な力

數學

論理的思考力、數的処理能力

カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

國際學部は、國際人としてふさわしい語學力、教養、専門性をもち、多様性の中で積極的に行動する力を養成するために、以下のようなカリキュラムを編成しています。

<全學共通科目:共通教養科目>

ますます複雑化するこれからの社會を主體的に生きるために必要な幅広い知識を身につけるだけでなく、自らの文化?社會を理解しつつ、グローバル社會を多面的に捉える力を身につけることを目指しています。また、ICT技術を活用でき、自ら問題を解決し、自らの進む方向を見據える力の養成も重視します。

<全學共通科目:外國語科目>

専攻する言語(英語、中國語、韓國語)の他にも外國語を運用できることは、グローバル社會で大きな力となります。國際學部では、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中國語、韓國語に加えて、アジア地域で活躍する人材育成のため、タイ語とベトナム語を開講します。それぞれ、「入門」、「基礎」、「中級」、「上級」の4つの段階を置き、順を追って確実に修得していきます。

<専門科目:學部共通開講科目>

國際學部の特色である留學に対する準備をおこない、早期の國際経験を有意義にするための知識や自主性を身につけます。同時に、留學後の専門教育を將來の進路に活かすため、ビジネス、通訳?翻訳、中國語、韓國語、日本語教育、英文學、実地體験のような多岐にわたる科目で視野を広げます。

<専門科目:セミナー科目>

少人數の教育環境で議論を深め、自主性を養成します。留學前の「留學セミナー」と帰國後の「帰國後セミナー」は、留學を実りあるものにし、その成果を確認し、帰國後の學修を方向付けます。3年次と4年次の「セミナー 1」、「セミナー 2」、「セミナー 3」では、専門分野の研究方法を學び、指導を受け、自主的に研究を進め、「卒業プロジェクト」として完成させます。

<専門科目:言語科目?留學科目>

専攻する言語の運用能力を高めます。英語は、基礎を確認しつつ強化し、留學で実踐力を磨き、帰國後の學修で応用力を身につけます。中國語と韓國語は初修言語であるため、入門レベルから始め、留學によってコミュニケーション力を身につけ、最終的にはさまざまな狀況で有意義なコミュニケーションが行えるレベルに到達することを目指します。

<専門科目:専門基礎科目?専門発展科目>

グローバル社會で活躍する人材として必要な知識を修得するために、幅広い分野の科目を體系的に配置しています。グローバル専攻では、2年次の専門基礎科目で基礎的知識を學び、3年次より「グローバル?スタディーズ」、「コミュニケーション?スタディーズ」、「アジアン?スタディーズ」に分かれて専門性を深めます。東アジア専攻では、中國語コース、韓國語コースとも、基礎から応用へと順を追って専門知識を深めていきます。

ディプロマポリシー(學位授與の方針)

國際學部では、近畿大學の建學の精神と教育理念に基づき、留學と多彩な科目の學修を通して、國際人としてふさわしい語學力、教養、専門性を身につけ、異なる文化や社會の架け橋となる人材の育成を目標としています。この目標のために、厳格な成績評価によってカリキュラムを運営し、所定の単位を修得した學生に卒業を認定し、學士(國際學)の學位を授與します。卒業までに身につけるべき資質や能力は、以下のとおりです。

1.
幅広い教養と國際的な體験にもとづいて、柔軟な考え方や判斷ができること。
2.
自らの専門分野についての學識を有し、課題解決が行えること。
3.
専門とする言語の意味や構造を十分に理解し、高いコミュニケーション能力を身につけていること。
4.
グローバル社會において、自らのアイデンティティを意識し、言語?文化?考え方の違いを乗り越え、他者との信頼関係を構築できること。
5.
多様な考え方や価値観の存在を認め、それを踏まえた対話を通し、よりよい価値を生み出す努力ができること。

國際學部 グローバル専攻

アドミッションポリシー(入學者受入れ方針)

グローバル専攻では、自らの言語として英語を修得し、その高度な言語運用能力と學問的知識を基盤とした多角的でグローバルな視野を持つ「國際教養人」を育成します。このために、次のような入學者を受け入れます。

1.
本専攻における履修に必要な基礎學力を持ち、積極的に學ぶ意欲を有する人
2.
英語およびその他の本學部が教授する外國語の知識とコミュニケーション能力を身につけたいと思う人
3.
留學を通して異文化への感性を育み、世界の多様な価値観が理解できる柔軟な思考力と創造力を身につけたい人
4.
実踐的な語學力や知識を身につけるため、強い意志を持って學修に取り組める人
5.
國際的な感覚を身につけ、主體的に関心を持って社會的課題に取り組む意欲を持つ人

また、高校までの履修科目等によって、以下のような能力を身につけていることが望まれます。

國語

日本語の読解、表現、論理的思考における基礎的な力

地歴?公民

変動するグローバル社會情勢に対応できる基礎的知識と社會的素養

外國語

英語の文法知識、コミュニケーション、読解力および作文における基礎的な力

數學

論理的思考力、數的処理能力

カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

グローバル専攻では、國際學部の全體的カリキュラムを基盤として、本専攻のディプロマポリシーに適う資質、能力を育成するため、留學前?留學中?留學後に提供される教育を有機的に連攜させ、以下のようなカリキュラムを編成します。

1.
共通教養科目での學びを通し、ますます多様化し変動する世界情勢に適応しながら、主體的に生きるための國際教養人として必要な教養と知識を身につけます。
2.
言語科目と留學科目においては、留學前には英語の運用能力を可能な限り高め基礎知識を身につけ、1年後期から2年前期までのアメリカ留學中の學修を通じて実踐的な英語運用能力および異文化理解、多文化共生能力を身につけます。留學後は修得した英語力を継続してさらに高めながら、學生の興味に応じて外國語科目で他の外國語を學ぶこともできます。
3.
學部共通開講科目と専門基礎?専門発展科目では、留學中に修得した言語能力を用いて、実務的な英語力を身につけ、また、グローバル社會の課題、コミュニケーションや言語の機能や役割、アジアをはじめとする世界諸地域の文化?歴史?社會に関連する科目を履修することで、國際的見識を持つ人材を育成します。専門に関する各科目の學修を通じ、多様な角度から事象を理解、分析しながら、問題解決する能力を養います。

ディプロマポリシー(學位授與の方針)

グローバル専攻は、留學と多彩な科目の學修を通して國際人としてふさわしい語學力、教養、専門性を身につけ、異なる文化や社會の架け橋となる人材の育成を目標とし、以下の能力を身につけた學生に卒業を認定します。

1.
関心?意欲?態度
  1. グローバル社會において、自らのアイデンティティを意識し、言語?文化?考え方の違いを乗り越え、他者との信頼関係を構築できること。
  2. 他者の言葉が、著しく価値観が異なるものであっても、それを理解しようという態度を持ち、多様な文化と共生できること。
2.
思考?判斷
  1. 幅広い教養と國際的な體験にもとづいて、柔軟な考え方や判斷ができること。
  2. 多様な考え方や価値観の存在を認め、グローバルな視點から物事を多面的に捉え、よりよい価値を生み出す思考と努力ができること。
3.
技能?表現
  1. 高い言語運用能力を有し、有意義なコミュニケーションができること。
  2. グローバル社會や地域社會において、価値観や立場が多様な他者と協力して課題解決が行えること。
4.
知識?理解
  1. 幅広い教養と、専門とする分野の知識を十分に身につけていること。
  2. 多國籍、多民族、多宗教、多文化間において、対話を通じて知識を深められること。

國際學部 東アジア専攻

アドミッションポリシー(入學者受入れ方針)

東アジア専攻では、自らの言語として中國語または韓國語を修得し、その高度な言語運用能力と學問的知識を基盤とした広い視野を持つ「國際教養人」を育成します。このために、次のような入學者を受け入れます。

1.
本専攻における履修に必要な基礎學力を持ち、積極的に學ぶ意欲を有する人
2.
中國語または韓國語、そして英語およびその他の外國語の知識とコミュニケーション能力を身につけたいと思う人
3.
留學を通して東アジア地域をはじめ、世界の多様な価値観を理解できる柔軟な思考力と創造力を身につけたい人
4.
東アジア地域を中心に人的交流を行うにあたり、実踐的な語學力や知識を身につけるため、強い意志を持って學修に取り組める人
5.
國際的な感覚を身につけ、主體的に関心を持って社會的課題の解決に貢獻したい人

また、高校までの履修科目等によって、以下のような能力を身につけていることが望まれます。

國語

日本語の読解、表現、論理的思考における基礎的な力

地歴?公民

変動する社會に対応できる社會的基礎知識

外國語

文法知識、コミュニケーション、読解力および作文における基礎的な力

數學

論理的思考力、數的処理能力

カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

東アジア専攻では、國際學部の全體的カリキュラムを基盤として、本専攻のディプロマポリシーに適う資質?能力を養成するため、留學前?留學中?留學後に提供される教育を有機的に連攜させ下のようなカリキュラムを編成します。

1.
共通教養科目での學びを通し、ますます多様化する東アジア社會をはじめ、様々な社會において主體的に生きるための國際教養人として必要な教養と知識を身につけます。
2.
言語科目と留學科目においては、留學前には初修言語である中國語または韓國語の基礎知識を身につけ、留學中の學修を通じて実踐的な能力を身につけます。また、留學時には英語の學修も同時に行い、二言語を同時に學びます。留學後は修得した言語能力を継続してさらに高めながら、學生の興味に応じて外國語科目で3つ目の言語を學ぶこともできます。
3.
學部共通開講科目と専門発展科目では留學中に修得した言語能力を用いて、翻訳や通訳の演習を行い、また、アジア地域を中心とした文化?歴史?社會に関連する科目を學びながら當該地域に関する専門性を高めるための學修を行います。

ディプロマポリシー(學位授與の方針)

東アジア専攻は、留學と多彩な科目の學修を通して國際人としてふさわしい語學力、教養、専門性を身につけ、主に東アジア地域における異なる文化や社會の架け橋となる人材の育成を目標とし、以下の能力を身につけた學生に卒業を認定します。

1.
関心?意欲?態度
  1. グローバル社會、特に日本との活発な交流が進む東アジア地域において、自らのアイデンティティを意識し、言語?文化?考え方の違いを乗り越え、他者との信頼関係を構築できること。
  2. 他者の言葉が、著しく価値観が異なるものであっても、それを理解しようという態度を持てること。
2.
思考?判斷
  1. 幅広い教養と國際的な體験にもとづいて、柔軟な考え方や判斷ができること。
  2. 東アジア地域における多様な考え方や価値観の存在を認め、よりよい価値を生み出す思考と努力ができること。
3.
技能?表現
  1. 高い言語運用能力を有し、有意義なコミュニケーションができること。
  2. 東アジア地域をはじめとした、グローバル社會や地域社會において、他者と協力して課題解決が行えること。
4.
知識?理解
  1. 専門とする分野の知識を十分に身につけていること。
  2. 多國籍、多民族、多宗教、多文化間において、対話を通じて知識を深められること。

教育情報の公表のページへ

久久影院-国产久久亚洲美女久久